夢が見つかる業界直結型授業

YAMANOTE METHOD

夢が見つかる
業界直結型授業

憧れの業界のトップ
パティシエ・トップ料理人
から学べる

東京や世界で活躍する現役のスターシェフ・パティシエによる授業が豊富です。
ミシュランの星付きレストランや、一流ホテル・人気パティスリーで実際に提供されているレシピを
スターシェフ・パティシエから直々に学ぶことができます。

専任教員は
全員一流現場の経験者

YAMANOTEの最大の特徴は「毎日実習を行う」こと。調理の世界は、練習量こそが質の高い結果を生み出し、基本技術こそが現場で求められます。
だからYAMANOTEでは、「質の高い安定した技術」を習得できるよう毎日必ず実習を行う機会を設けます。

調理講師陣

  • 松谷 幸宏
    日本料理
    松谷 幸宏

    料亭や割烹、ホテルなど一流の現場を渡り歩き、20代の若さで料理長に就任。抜群のセンスと技術を買われ教員に。

  • 片岡 誠
    日本料理
    片岡 誠

    本学園の卒業生。本学園グループの一流料亭 日本料理店うお健でつとめ、その後、長野県にある島崎藤村ゆかりの宿“中棚荘“で沢山のお客様に料理をふるまう。

  • 清水 十樹
    日本料理
    清水 十樹

    芸術大学で絵画の勉強をしたのち、料理の道へ。ホテルアンドリゾーツ伊勢志摩の宴会場で料理に従事。芸術の世界で磨いた感性を料理を通じて学生に指導する

  • 露口 崇秀
    西洋料理
    露口 崇秀

    都内のホテルやレストランの立ち上げを6店舗行ったりオーナーとして複数パティスリーを経営するなど、技術に加えてマネジメントの視点でも授業を行う。

  • 吉田 修明
    西洋料理
    吉田 修明

    品川プリンスホテルで修行した後、イタリアへ渡り、の三ッ星レストランで働く。帰国後は独立開業し“モンテビアンコ”をオープン。経営者としての視点も学生に指導する。

  • 川崎 智一
    西洋料理
    川崎 智一

    ホテルオークラで20年、西洋料理に携わる。レストラン、宴会場を回り、オールデイダイニングのシェフを務め、海外シェフとのコラボ経験もあり。

  • 大岩 透
    中国料理
    大岩 透

    ウェスティンホテルの広東料理レストラン龍天門の料理長として長年腕を振るう。香港での修行経験も活かし、カリブ海に浮かぶ船でゲストに料理を提供するなど多岐に活躍。 日本料理専任教員

  • 加山 広子
    中国料理
    加山 広子

    ホテルの中国料理部門を中心に経験は20年以上。他、中国茶専門店やレストラン、料理教室、メディアでの活躍、新店舗立ち上げなどとても幅広い経験を活かして、食の業界の魅力を発信している。

製菓講師陣

  • 小笠原 康夫
    校長
    小笠原 康夫

    フランスやスイスで本場の技を磨く一方、調理師学校教員歴35年以上という言わば“プロを育てるプロ”。つくることの素晴らしさやおもてなしの心、人間関係の大切さを自らの経験を踏まえて学生に伝える。

  • 畠中 克弥
    製菓
    畠中 克弥

    世界的ホテルグループ ハイアットが手がけるハイアットリージェンシー大阪ではホテルパティシエ、海に浮かぶウェディングリゾート ラヴィマーナ神戸ではブライダルパティシエとして活躍。店舗の立ち上げにも携わり、高いプロデュース力の評価が高く、クリエイティブな授業を展開している。

  • 山浦 孝一
    製菓
    山浦 孝一

    明治記念館や日航ホテルで製菓長として勤め上げ、数々の大会に出場。チョコレートの世界大会では銀賞を獲得したこともある一流のパティシエ。

  • 巻島 一平
    製菓
    巻島 一平

    フランスが本店の洋菓子店に勤めた後、単身で渡仏。世界的にも有名なショコラトリーに勤務し、帰国後も腕試しに、様々な製菓店を渡り歩く。いつしか人に教えることへの関心が高まり、その経験をYAMANOTEの学生たちに伝えている。

  • 西村 咲希
    製菓助手
    西村 咲希

    本学園のWライセンスシステムを卒業後、イタリアンレストランで働く。調理師免許・製菓衛生師免許を兼ね備え幅広い技術を学生に教える。

  • 飛田 理絵
    製菓助手
    飛田 理絵

    製菓専門学校卒業後、パティスリーで経験を積み、お菓子の魅力を多くの人に発信したいと講師の道へ。在校生一人ひとりに寄り添う姿勢で常に指導している。

  • 嶋田 咲良
    製菓助手
    嶋田 咲良

    本学園の製菓総合本科 卒業生。在学時代の視点を持ちながら、学生たちに親近感と安心感を持って指導をしている。

特別外来講師陣(招致実績)

  • 河崎 賢司
    LastNote
    シェフ
    河崎 賢司

    世界的ブランドアルマーニが手がけるRistrante Armaniのグランドオープンでは初代エグゼクティブシェフに就任。以降、シンガポールへの出店、ジャニスウォンの日本進出など進展立ち上げやハイエンドのパティスリーやレストランとのコラボレーションを立て続けに成功させ、現在は自身の店、LastNoteでは記憶に残る味と香りをテーマに料理とデザートという二つの世界で魅了している。

  • 若月 稔章
    ソンブルイユ
    エグゼクティブ シェフ
    若月 稔章

    日本国内の一流レストラン【ラ・マレ】【トゥールダルジャン】を経て渡仏。様々な星付きレストランで修業後、帰国。2004年【エメ・ヴィベール】の料理長就任。「ミシュラン東京」創刊号で2つ星を獲得以来、7年連続星を獲得。更なる高みを目指し、同志と共に新会社を設立。2017年【ソンブルイユ】開業と共にエグゼクティブシェフに就任。

  • 藤口 晃一
    国際日本料理協会
    会長
    藤口 晃一

    ハイアットリージェンシー京都日本料理「東山」料理長、日本平ホテル日本料理統括料理長なに就任し、国内外の多くの食通たちを魅了し続けてきた。『日本料理の文化・伝統を守り、その技術・神髄を伝える』ことを目的とする国際日本料理協会で会長を務め国内外を問わず日本料理の普及に貢献する。

  • 眞砂 翔平
    アジアベスト
    ショコラティエ
    眞砂 翔平

    大阪【ア・キャトル】東京【クリオロ】にてスーシェフに就任し1 0年間勤務。コンクール【トップオブパティシエインアジア】にてアジアベストショコラティエに。その後、パリ【パスカルルガック】の東京支店立ち上げ時よりシェフに就任し、チョコレート細工で作り上げる花ひらくシリーズがSNSや各メディアで話題になる。現在はイートクリエーターに入社し、開業準備中。

  • 小林 美貴
    パレスホテル東京
    ショコラティエール
    小林 美貴

    株式会社エーデルワイス ヴィタメールジャポンをはじめ、各社のショコラ部門を経験。フランスでも修行経験のある、女性ショコラティエール。2012年にパレスホテルへ入社し、グランドオープンに携わる。女性ならではの繊細さと感性で織りなすショコラはまるで芸術作品のよう。

  • 森 大祐
    EN VEDETTE
    オーナーパティシエ
    森 大祐

    「ロイスダール」、「グランド ハイアット東京」などの都内パティスリーに勤務ののち、渡仏。パリの「ローラン・デュシェンヌ(M・O・F)」、「モワザン」にて研鑽を積む。「モワザン」ではシェフ・パティシエとして勤務。帰国後、東京 豊洲 パティスリーSAKURAのオープンから、シェフ・パティシエとして携わる。新歌舞伎座 開場記念土産「KABUKU~へん」を開発。日本洋菓子協会連合会公認技術指導員、就任。
    2016年10月、「EN VEDETTE(アン ヴデッド)」開業。

  • ゲハルト ミュラー
    リシャルト社
    社長
    ゲハルト
    ミュラー

    製菓や製パン業界に飛び込みたいと思ってくれる若者がいることを、とても嬉しく思っています。リシャルト社は、ミュンヘンを拠点に展開する130年以上の伝統を持ったベーカリー。培ってきた知識や技術を、皆さんに、研修を通してお伝えする予定です。お会いできるのを楽しみにしています。

  • 遠藤 泰介
    パティスリーカメリア銀座
    シェフパティシエ
    遠藤 泰介

    都内高級ホテルやフランスの名店で経験を積み技術を習得。伝統の技に新たな感性を注ぎこみ、素材の魅力を最大限に引き出す若きパティシエ。国内、国外のコンテストにおいても受賞歴多数。
    世界技術者コンクール 準優勝

  • 柿沢 安耶
    パティスリー ポタジエ
    オーナーパティシエール
    柿沢 安耶

    006年から東京で野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」を運営しているオーナーパティシエール。野菜の新しい食べ方や可能性を提案する第一人者として注目されている。また、農業支援活動やイベント出演のほか、食育セミナー、生産地での農業体験ツアー、飲食店や商品プロデュースを行うなど、幅広く活躍中。

調理師を目指すあなたに

日本料理、西洋料理、中国料理まで、少人数実習のもとで現場で活躍できるプロを育てます