夢が見つかる業界直結型授業

YAMANOTE METHOD

食業界のトップ
アスリートから学ぶ

専任教員は
全員一流現場の経験者

東京や世界で活躍する現役のスターシェフ・パティシエによる授業が豊富です。
ミシュランの星付きレストランや、一流ホテル・人気パティスリーで実際に提供されているレシピを
スターシェフ・パティシエから直々に学ぶことができます。

専任教員は
全員一流現場の経験者

YAMANOTEの最大の特徴は「毎日実習を行う」こと。調理の世界は、練習量こそが質の高い結果を生み出し、基本技術こそが現場で求められます。
だからYAMANOTEでは、「質の高い安定した技術」を習得できるよう毎日必ず実習を行う機会を設けます。

調理講師陣

  • 松谷 幸宏
    日本料理
    松谷 幸宏

    料亭や割烹、ホテルなど一流の現場を渡り歩き、29歳の若さで料理長に就任。抜群のセンスと技術を買われ教員に。

  • 片岡 誠
    日本料理
    片岡 誠

    本学園の卒業生。本学園グループの一流料亭 日本料理店うお健でつとめ、その後、長野県にある島崎藤村ゆかりの宿“中棚荘“で沢山のお客様に料理をふるまう。

  • 露口 崇秀
    西洋料理
    露口 崇秀

    都内のホテルのフレンチレストランの立ち上げを行ったりオーナーとして複数パティスリーを経営するなど、技術に加えてマネジメントの視点でも授業を行う。

  • 吉田 修明
    西洋料理
    吉田 修明

    品川プリンスホテルで修行した後、イタリアへ渡り、の三ッ星レストランで働く。帰国後は独立開業し“モンテビアンコ”をオープン。経営者としての視点も学生に指導する。

  • 川崎 智一
    西洋料理
    川崎 智一

    ホテルオークラで20年、西洋料理に携わる。レストラン、宴会場を回り、オールデイダイニングのシェフを務め、海外シェフとのコラボ経験もあり。

  • 清水 十樹
    日本料理
    清水 十樹

    芸術大学で絵画の勉強をしたのち、料理の道へ。ホテルアンドリゾーツ伊勢志摩の宴会場で料理に従事。芸術の世界で磨いた感性を料理を通じて学生に指導する。

  • 加山 広子
    中国料理
    加山 広子

    ホテルの中国料理部門を中心に経験は20年以上。他、中国茶専門店やレストラン、料理教室、メディアでの活躍、新店舗立ち上げなどとても幅広い経験を活かして、食の業界の魅力を発信している。専門は点心。女性ならではの、繊細な中国料理の技術を学生たちに教えている。

  • 大岩 透
    中国料理
    大岩 透

    ウェスティンホテルの広東料理レストラン龍天門の料理長として長年腕を振るう。香港での修行経験も活かし、カリブ海に浮かぶ船でゲストに料理を提供するなど多岐に活躍。

トップシェフ協議会

トップシェフ協議会

日本の食業界を作り上げてきた伝説的存在のシェフと連携し、授業内容や学びを作り上げる「トップシェフ協議会」を運営している。
食業界の声や未来に必要なスキルをダイレクトに授業へ反映。常に進化し続ける授業が東京山手調理師専門学校にはある。

  • トップシェフ協議会01
  • トップシェフ協議会02
  • 譚 彦彬

    中国料理界をリードする名工

    中国料理

    広東名菜赤坂璃宮

    オーナー

    譚 彦彬

    新橋「中国飯店」、芝「留園」、京王プラザホテル「南園」の副料理長、ホテルエドモント「廣州」の料理長を経て、1996年9月より『赤坂璃宮』オーナーシェフとなる。2004年10月1日『赤坂璃宮 銀座店』をオープン。広東料理、中国料理の域を超え、日本人の好みを知り尽くしている料理は、素材を厳選し、素材の味を最大限に引き出し、限りなく本場に近い広東料理にあくまでもこだわり、多くのファンを魅了している。本場の中国の味を紹介するための研究と、食材を買い付けるため、年に数回、香港、中国に出向く。その他、料理書物も手がけ、主な著書として『譚彦彬の本格中華』『ベーシックな中国料理』『中国の極うまごはん』がある。

  • 藤口 晃一

    「料理の鉄人」2代目 和の鉄人

    日本料理

    NAKAMURA KOUMEI

    オーナー

    藤口 晃一

    1947年長崎県生まれ。18歳で料理の世界に入り、天皇や皇太子、有名芸能人が利用する格式高い地元有名旅館「雲仙宮崎旅館」や大阪有名ホテルなどで修行を積んだ後、1980年に老舗日本料理「なだ万」に入店。その高い実力が認められ「ホテルニューオータニ店」やシンガポールに展開する「シャングリ・ラ ホテル店」の調理長を務める。1995年には、「なだ万」国内外9店舗の統括調理長を任される。1996年には、テレビ料理番組で一世を風靡し、全国に名を博す。1999年にオーナーシェフとしての道を歩みはじめ、現在は「レストラン中村孝明」3店舗のオーナーシェフとして日々腕を振るう

  • 吉野 建

    フランス料理界の巨匠

    西洋料理

    Maison Tateru Yoshino

    プロデューサー

    吉野 建

    ジョエル・ロブション(世界で最も多くミシュランの星を持つ有名シェフ)が率いる、数々のフランス料理店で腕を磨く。その後、国内外に数多くのレストランをプロデュース。フランス・パリの「STELLA MARIS」は2006年フランス版ミシュランで星を獲得。2010年にはフランス政府より、フランス文化継承にふさしい高度な技術を持つ職人として「農事功労章(Ordre du Mérite agricole) シュバリエ」を贈られる。首相や著名な経済学者が参加する世界経済フォーラムが開く「タボス会議」で料理長を務め、ベルギーで行われるiTQi(国際味覚審査機構)では審査員を務めるなどまさにフランス料理界の巨匠的存在。

  • カルミネ・コッツォリーノ

    日本でイタリア料理を広めた
    第一人者

    イタリア料理

    Carmine

    オーナー

    カルミネ・コッツォリーノ

    1987年に日本で最初のイタリア人オーナーシェフとして、Ristorante Carmineをオープン。今や私たちの身近にあるイタリア料理の真髄を日本に広めた第一人者。さらには、イタリア料理に慣れ親しんだ日本人に、さらに深く本場イタリアの食文化を知ってほしいという想いのもとイタリア・トスカーナ地方に自身の宿泊型イタリア料理学校「クッキングアカデミーフィレンツェ」を開校。食材や料理が生まれる背景や歴史まで指導し、新たな人材育成にも励む

  • 金井 史章

    メディア注目のトレンドシェフ

    製菓

    INFINI

    オーナー

    金井 史章

    フランスの三ツ星レストラン「レストランギイ・サヴォアパリ」に入社。世界各国からセレブリティが訪れる環境で、上質なデセールを学ぶ。半年後からは同グループの一ツ星レストラン「ル・シベルタ」のシェフ・パティシエ代理も同時に務める。帰国後は、東京・青山のビストロ「ブノワ」にシェフパティシエとして入社。2014年には「UN GRAIN」シェフ・パティシエに就任し、商品開発からブランディングまで立ち上げに関わる。
    現在は、「INFINI」オーナーとして華やかかつ斬新なデザインのスイーツで人気を集めるとともに専門誌をはじめとしたメディアで多数活躍。

パティシエ、調理師を目指すあなたに

製菓製パン、日本料理、西洋料理、中国料理まで、少人数実習のもとで現場で活躍できるプロを育てます