🌸和菓子実習🍡

2020.01.16

皆さん、こんにちは(^^♪

いつもYAMANOTEのブログをご覧いただきありがとうございます。

YAMANOTEの製菓の授業では

 

洋菓子だけでなく和菓子の勉強もします!!

 

本日は和菓子実習の様子をお届けしたいと思います(^^)/

 

この日の実習メニューは『桜餅』

 

 

 

みなさん、桜餅って関東と関西で

見た目も材料も全然違うって知ってましたか??

 

 

関東の桜餅は別名を「長命寺(ちょうめいじ)」というそうで

皮は小麦粉等を混ぜた生地を焼いたものになります!

 

 

今日紹介する桜餅は関東のもの!

 

 

 

 

 

ふるった粉類(薄力粉、寒梅粉)を加え

 

泡立て器でダマが出来ないように手早く混ぜ、最初はどろっとした状態に!

 

 

 

 

水全量を一度に加えて、さらに泡立て器で手早く混ぜ
さらっとした状態にする!
粉のダマがなく、滑らかな生地にならないと
焼い上りも滑らかな食感になりません!!

 

 

 

生地をうす~くのばして焼いていきます!

 

これが意外と難しい(;’∀’)!!

 

 

また、焼いたあと綺麗にはがすのが

 

『難しい~!』と学生のみんなも苦戦してました!!

 

ちなみに関西の桜餅「道明寺(どうみょうじ)」

 

こちらはもち米が原材料の “道明寺粉” で作られているのと

 

形もおはぎのような丸い形なのです!

 

食感は関東のものに比べると弾力があります(^^)

 

ちょっと知っておくといいかもですね!

 

 

 

焼きあがった生地に丸くした餡子を

 

 

 

 

 

 

 

 

くるっと包みます

 

 

 

 

 

 

完成!!

 

 

 

和菓子は、一つ一つが手作業で

 

指先の力の入れ方で表情が変わる繊細なお菓子なのです。

 

さらに、見た目や味わい、香りなどで季節を表現するだけでなく

 

お菓子の名前まで季節感などが込められていて

 

和菓子もまた洋菓子とは違った魅力もありますね

 

皆さんもぜひ、山手で世界中のお菓子の魅力を学びませんか?(^^)

 

 

 

 

 

【東京山手調理師専門学校】

〒158-0081 東京都世田谷区深沢8-19-19

 

【山手調理製菓専門学校】

〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5

 

日本料理 西洋料理 中国料理

 製菓 カフェ ショコラティエ 製パン ブライダルの専門学校

 

 

【入学総合案内】

0120-805-801