入学総合案内 0120-805-801

製菓総合本科2年生~フルタイム実習~

2020.01.09

皆さん、こんにちは(^^♪

YAMAMOTEのブログをご覧いただきありがとうございます!😄

 

製菓総合本科2年目の学生は午前の実習を経て

午後の実習では「フリースタイル」と言って希望者だけが授業を受けることができます!

 

 

もっと学びたい!授業を受けたい!と思う学生に

フルタイム実習(1日実習)を受けることができるシステムがYAMAMOTEにはあります!👊

 

今日は基礎基本でもありながら奥が深い

「マカロン」の実習を行っていきます!

 

 

まずはマカロンの生地作りからスタートです!

 

 

マカロンの生地を作るうえで一難大切なのが

「マカロナージュ」という作業になります!

マカロナージュとはメレンゲを入れた際の気泡をつぶす作業です!

気泡をつぶすことによってツヤのあるマカロンが焼けます(^^♪

 

 

気泡を潰し過ぎてしまう

形が崩れてしまったり、焼き上がりにボリュームが出なかったりします!

逆にマカロナージュが足りない

焼いたときに割れてしまったり、ツヤのない乾いたマカロンなってしまいます!

 

 

絞りは同じ大きさに、同じ形になるように絞っていきます!

「絞り」は現場で確実に役に立つ力!!

 

 

マカロンの下部分のぷっくりしたところがフランス語で「ピエ」といい日本語に訳すと「足」という意味があります!

このピエが綺麗に出ていればマカロンが綺麗に焼けた証拠!

 

 

ピエがでるのは

マカロナージュをする際に適切な温度と時間のタイミングが必要にないります!

湿気の多い日本で焼くのは実は非常に難しいことなんです、、、☺

 

 

マカロンを焼いている間に

サンドするクリームを作成していきます!

今日は2種類のバタークリーム!!

 

 

バタークリームは滑らかな口触りでマカロンではよくサンドに使用されますが

「分離」しやすいので注意が必要になっていきます!

 

 

こちらが「コーヒーのバタークリーム」

 

 

そして「ピスタチオのバタークリーム」

凄くなめらかでマカロンにサンドすると相性は抜群!!

 

 

後2ヶ月で卒業ですが

まだまだ先生から教わる「応用」の部分はたくさんあります!

たくさん吸収して現場で活躍を期待しています☺

 

 

最後にサンドして

 

 

「マカロン」の完成!!

 

 

 

【東京山手調理師専門学校】

〒158-0081 東京都世田谷区深沢8-19-19

【山手調理製菓専門学校】

〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5

日本料理 西洋料理 中国料理

 製菓 カフェ ショコラティエ 製パン ブライダルの専門学校

 

【入学総合案内】

0120-805-801