~製菓実習~3種類の生地を学ぼう!

2019.07.25

皆さん、こんにちは!

YAMANOTEのブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

本日は製菓の1年目の学生が

シュクレ生地・ブリゼ生地・サブレ生地

3種類の生地の作り方の違いや触感の違いについて学んでいきます!

 

 

 

=======================

 

シュクレ生地】=「甘い生地」

「シュクレ」はフランス語で「甘い」という意味があります!

シュガーバッター方を用いて生地を作っていきます!

 

シュガーバッター方とは…

砂糖とバターを先に混ぜる方法でその後に卵→薄力粉→アーモンドプードルを順番に入れ混ぜていきます。

 

 

シュクレ生地はサクサクとしたクッキーのような特徴があり主にタルトなどに使用されることが多いんです!

卵の量が他の生地より多いので黄色っぽい仕上がりになります!

 

 

生地は明日の桃のタルトに使用するのでしっかり形を整えて冷蔵庫で寝かしておきます💡

 

 

 

=================

 

ブリゼ生地

ブリゼとはフランス語で「崩れるような」という意味があります!

 

サブラージュ方を用います

サブラージュ方とは…

冷蔵庫で冷やしたバターを角切りにして薄力粉をまぶした状態で粉状にする方法です!

 

 

サブラージュ方をするとクッキー生地よりももっとほぐれやすいサクサク、もろもろしたくちどけの良い触感になります!

パイ生地の1種でキッシュやアップルパイなどに使われます🍎

 

 

 

 

生地は次回の「キッシュ」に使います!

お楽しみに(^^♪

 

==================

 

サブレ生地

 

サブレ生地はブリゼと同じく

「サブラージュ方で作っていきます!」

 

 

サブレは砂のようなという意味があり

そのままクッキーとして食べたり、クッキーシューの表面に使用したりします!

 

 

 

==================

 

先生のデモンストレーションをみて学生もしっかりメモをとり

違いや意味などを学んでいます!

 

 

3誌緩いの生地の作り方を学んだあとは「サブレ生地」を使って

ディアマン」を作ります!

ディアマンとは「ダイヤモンド」という意味があり、周りの砂糖がキラキラしていることから名づけられました!♦

 

 

生地を冷蔵庫でしっかり寝かしたら

空気を抜いていきます!

実は生地にはたくさんの空気が含まれており空気を抜く作業が大事になってきます!

でも練りすぎると固いクッキーになってしまうので注意が必要💡

 

 

 

 

丸に形を整え同じ大きさになるようにカットしていきます!

 

 

 

 

ディアマンの焼き上がり!!!

綺麗に焼きあがりましたね(^^)/

本日はそれぞれの生地の違いや作り方の違い、特徴などを学びました👊

 

 

 

明日の夏休み前最後の授業では

シュクレ生地を使って、桃のタルトを作ります!🍑

毎日実習の前期が終了します!後期の授業もお楽しみに(^^♪

 

========================

 

 

【東京山手調理師専門学校】
〒158-0081 東京都世田谷区深沢8-19-19
【山手調理製菓専門学校】
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5
調理 製菓 カフェ 製パン ブライダルの専門学校

【入学総合案内】
0120-805-801

【MAIL】ecole_shibuya@yamanote.ac.jp