ウェディングケーキを作ろう☆

外部講師の方にウェディングケーキの作り方を伝授していただきました☆講師の先生は、パティスリー・ラ・ノブティックの日高シェフ!国内外の洋菓子コンクールにて数々の受賞歴をお持ちのシェフです。フランス式ウェディングケーキであるクロカンブッシュは、見た目は華やかですが作る難易度はとても高いケーキ!!シュークリームのバランスや飴細工などなど今までやってきた技術を組み合わせて仕上げていきます。

2016.11.01

日髙 宣博シェフの特別授業

有名パティシエから教わる

パティスリー・ラ・ノブティック 日髙 宣博シェフの特別授業が行われました。

シェフのお店はこちらを参照♬http://www.noboutique.net/index.html

今回は、本学生に対してフランス式のウェディングケーキを実演していただきました。

日高シェフの略歴

ヨーロッパから帰国したのち、有名パテスリーやホテルで総括マネージャー及び講師を歴任。国内外の洋菓子コンクールにて数々の受賞歴あり。2010年にパティスリー・ラ・ノブティックをオープンし、現在は経営の他に料理教室や大学・製菓学校・調理師学校にて客員講師としても活躍中。

フランス式ウェディングケーキ「クロカンブッシュ

クロカンブッシュとは、カスタードクリームを入れた小さなシューを飴などの糖衣で貼り付けながら円錐型に積み上げた飾り菓子です。フランスではウエディングケーキの他に洗礼式やお祝いごとにも使われる祝い菓子でもあります。クロカンブッシュの頂上には、夫婦の像や飴細工のバラを飾ります。 

プロの技術を目の当たりにして

目の前で手早く綺麗に仕上げていく姿はうっとりするもの( *´艸`)学生からは「自分もあんな風に作ってみたい!」、「いとも簡単に仕上げていくからすごすぎる!」と、驚きと感動の声を聞きました。目の前でプロの技をみることができ、とても充実した時間を過ごすことができました

難しいケーキでも、材料のベースは同じです。あとは、どのように組み合わせ仕上げていくかになります。応用をできるようにするためには、基礎・基本がしっかりできていないとできません。本校では毎日実習を繰り返し行うことにより、卒業までにこのような難しいケーキもできるような力をつけることができます。何度も繰り返し鍛錬していくことが大事ですね☆

山手の授業が気になる!という方に朗報です☆オープンキャンパスでは実際の授業を短縮した形で体験することができます( *´艸`)ぜひぜひお気軽にご参加くださいね☆

オープンキャンパススケージュールはこちら↓

http://yamanote.ac.jp/open-campus/schedule/


東京の調理師 専門学校

【山手調理製菓専門学校】

〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5

【入学総合案内】

0120-805ー801

  • このエントリーをはてなブックマークに追加