制限時間は3時間!!
約320人分のランチをつくる!!

ホテルやレストランの大量調理を想定

ホテルやレストランの調理場では、ウエディングやパーティーが行われるたびに一度に何百人前もの料理を作ります。その部署をホテルやブライダル施設では「バンケット」部門といいます。

YAMANOTEでは、現場の即戦力として、在学中にバンケット部門の対応力を身につけるため、全校学生が食べる毎日のランチを授業の一環で作る画期的な実践プログラム「バンケットシミュレーション」を日々実施。

高頻度で大量調理を学べる

この実習の大きな特徴は週1回という高い頻度で大量調理を行うこと。つくるランチは約320人分。〝プロ現場で活躍できる人材育成“にこだわるYAMANOTEは、大量調理の規模も現場同様のスケールを実現しています。

大量調理のすべてを学ぶ

大量調理の技術には、「スピード」「段取り」「チームワーク」が必要となります。実際の調理現場を限りなく想定した調理実習を行うことで、チームの中での自分の役割をしっかり意識しながら働き、現場感覚や柔軟性、応用力までも身につけることが可能となるのです。

食の安心・安全まで学ぶ

「食の安心・安全」として、調理現場の衛生管理、自己衛生管理を学び、時代が求める「おもてなしの心」や「食育」までトータルに学びます。

さらに応用編としては「カロリー計算」を用いた「からだにやさしい料理・健康的な料理」などメニューから考案して、企業から求められる「必要な人材」へと成長していきます。

自分たちが手掛けた料理を全校学生に食べてもらえる喜びと、全校学生から「おいしかったよ!」と声をかけてもらえるのがやりがいの実践トレーニングを経験することで、確かな自信と喜びを次のステップに繋げて一流の調理師へと成長していきます。

PROJECT FLOW

  • 1.メニュー考案

    担当日の1週間前までに、調理するメニューを決めます。旬の食材の有無や、栄養や彩りのバランスなど、ポイントは多数。

    2.ミーティング

    3時間という限られた時間内に大量調理をするためには「段取り」が大切。ミーティングを行い、役割を確認します。

    3.仕込み!

    前日には仕込みを開始。担当別に食材の確認や下ごしらえを行います。おいしくスピーディーに調理するための大切な工程。

  • 4.調理開始

    前日のミーティングを基に、320人分の大量調理スタート。任された役割を果たしながら、連携を取っていくことが重要です。

    5.盛り付け

    500人分の器に、同じ量の料理を美しく盛り付けていきます。正確さとスピード感の両方が求められます。

    6.片づけ・反省会

    調理の後片付けを行い、全員で反省会を実施。他の学生たちからの声も参考にしながら、次回にいかします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加